欝病の人もそうでない人も知っておきたいこと

なぜ鬱になるのか

医者と看護師

ストレス、というと一般的にはこのストレスを思い浮かべる方が多いと思います。嫌な上司からネチネチと謂れのない叱責を受けたり、知り合いから心ない一言を受けたり、あるいはご近所の方々とのトラブルも、この精神的ストレスの1つになりえます。また、生活費の工面が出来なかったり、借金に負われていたり、様々なトラブルによるストレスも、精神的ストレスです。欝病の代表的な原因として知られているのは、主にこのストレスではないでしょうか。

環境的ストレスとは、その名の通り私達が生活している中で受けるストレスです。騒音の激しいところ、極度に暗いところ、明るいところ、ホコリや臭いのきついところ、パソコン作業や長時間のゲームも環境的ストレスの1つとされています。普段生活している中で知らず知らずのうちに溜めこむストレスなので、精神的ストレスに比べて欝病の原因となっている場合に、見抜く事とが難しい傾向もあります。ただし、仕事による精神的ストレスの場合のように、相乗効果のような形で環境的ストレスを受けていた場合、欝による休職などと合わせて環境的ストレスから開放され、症状が軽減される場合もあります。

化学的ストレスというのは、私達が暮らしている中で摂取する様々な化学物質により、欝病を発症する恐れのあるものです。最近の研究により詳細が明らかになっているものですが、代表的なものとしてカフェインがあります。そう、コーヒーなどにも含まれているあのカフェインです。カフェインは神経に働きかけて、交感神経というものを活性化させます。本来なら様々なバランスを保ちつつ交感神経と、もう1つの副交感神経は働いているのですが、カフェインはそんなバランスを破壊して、一方的に交感神経を働かせ続けます。よく、眠気覚ましとしてコーヒー、もしくはカフェイン剤そのものを摂取する方がいますが、これは交感神経が、身体を活発に動かさせる働きがあるからです。一時的には眠気も飛んで良いものですが、過剰摂取は神経バランスを壊し、欝病になりやすい身体にしてしまいます。もう1つの身近な化学的ストレスの原因は、砂糖です。甘いものを食べるとトレス解消するという人もいますが、実を言うと砂糖の摂り過ぎは、かなり身体に負担を与えています。肥満や高血圧の原因になるだけでなく、急上昇した血糖値を下げるためにインスリンという物質が脾臓という臓器から放出されます。この際、過剰な血糖値を下げるために大量のインスリンが放出されるのですが、今度は血糖値が通常あるべき数値よりも下がりすぎてしまうのです。血糖値が高いのがからだに悪いことは多くの方が知っています。しかし、下がりすぎてもイライラ、だるさ、倦怠感が出てきてしまい、欝を誘発してしまいます。

温度と湿度は、私達が快適に暮らすために、室内では特に調整を行っているものです。誰だって極度な暑さ、寒さ、ジメジメや乾燥は嫌います。しかし、室外はどうでしょうか?季節ごとに急激な温度変化は日常茶飯事です。特に季節の変わり目には体調を崩しやすいですから、様々なストレスの原因になります。また、寒い時期には欝になりやすいという調査もあり、特に寒くなり始めてから欝状態になりやすいという方は、身体を冷やさないようにすることを心がけるのも、欝病にならないために必要なのかもしれません。