欝病の人もそうでない人も知っておきたいこと

治療の進め方

頭を押さえる女性

患者自身については、まず自分が欝病であるということを認識するところから始めなければいけません。一時期、欝病というのは単なる甘えだという言論がまかり通っていた時代がありましたが、これは大変に危険なことです。欝病というのは確かに、生活全般、行動面においてやる気を失い、活気のない状態を指しますが、欝病になる原因であるストレスが取り除かれると回復することが多いです。つまり、欝病だからと休暇をもらい、その間様々なストレス解消を行なうと、症状は綺麗に消えてしまいます。しかし、仕事に復帰すると再び鬱病の症状が出てしまうために、どうしても仕事に復帰できない。でも、ストレス解消の旅行や急用は出来るというところで、本当は鬱ではなく、休みたいだけではないかという誤解を生んでしまうのです。それが転じて、自分は鬱ではない、欝というと周りから責められるという誤解をするようになりました。一番手っ取り早いのは、欝病の診療を専門としているところで、きちんとした診断を受けることです。そこで欝と診断されれば、、医師の診断なのですから自信を持って鬱だということが言えるわけです。少しでも変だな、おかしいな、と思った時に、欝病かもしれないという認識が出来るかが、患者本人の治療の第一歩になります。

欝病の患者の周りの人は、その人がうつ病であるということを受け入れて、行動面などにおいて、欝病の影響だろうと思われるものを理解してあげなくてはいけません。また、欝病であるということを責めてもいけません。あくまで欝病であるということを理解し、支えてあげるのです。

欝病の人に対して頑張れ、負けるな、というのはあまり良くありません。自分は頑張ってないのだろうか、まだなにか足りないのだろうかと思ってしまい、自分を追い詰めてしまうからです。うつ病の患者には、あくまで病気が早く治るように、と希望的な声掛けをしてあげることが必要です。また、もし欝病の人が仕事を辞めたい、離婚したい、その他様々な決断をしようとするときには、その決断を延期するように行ってあげて下さい。正常な判断力の落ちている時に、そういった重大な決断をさせると、周りの人も、もちろん本人も悔やみきれないことがあるからです。また、そういったことを話してきた時に、欝病だから仕方ないとかいう事も言うのはやめておきましょう。あくまで、優しく、包み込むような対応が必要なのです。欝病は、普通の人からではわからない様々な苦痛があります。それを理解してあげることが、まずは欝の治療の手伝いとなるでしょう。